ハイハイする赤ちゃんのためにもフロアコーティングは絶対にやっておくべき!

こんにちは、フムトアンデル(@social_eco6819です。

ボクの自宅は新築の戸建てで、注文住宅では無いため仕上げや設備は格安部材のシンプル住宅です。そんな家でも35年ローンを一生掛けて支払っていくワケで、その間に家が傷んでしまうのはとてもイヤなのです。

今回はみなさんが疑問というか、悩んでいるフローリングのコーティングについてボクの経験を話してみようと思います。

フローリングにコーティングは必要?不要?

このテーマはあちこちで繰り広げられていますよね?ボクの経験から結論を先に言うと、フローリングのコーティングは絶対必要!です。

戸建てやマンションで使われているフローリング材は木材を使っているので、経年で必ず劣化します。水分や紫外線、生活傷、などなど。買ったばかりの頃はキレイな床だったのに手入れ無しで使っているとあっという間にくすんできます。

なので引越し前や家具が少ないうちに絶対にフロアコーティングはやっておきべきだと思います。

安いワックスじゃダメなの?

ホームセンターに行くと床用ワックスの色々な種類が売られていますよね?リンレイの一番安いワックスだと700円弱で購入可能です。正直言うと、このワックスでも丁寧に施工した直後は十分な光沢があり、視覚的には満足できると思います。賃貸の物件ならこれで十分だと思います。でもね、何千万円も払って買うマイホームですよね?だから最初の段階のメンテナンスに妥協しちゃダメなんです。「キレイな物をキレイに保つ」これがボクのポリシーなんです。

フロアコーティングは耐久性がぶっちぎりで長い!

ホームセンターで買えるワックスの耐久性はだいたい6ヶ月程度です。半年ごとに家具を全部どけて、ワックスの剥離、清掃、塗り直し、できますか??

生活を続け、家族も増えれば家の中の家具や物は倍々で増えていきます。そんな状態で床面を全部露出してキレイにするなんて絶対ムリですよね。

ワックスと違い、フロアコーティングなら耐久性も高く、施工法にもよりますが20年を超えるものもあります。

フロアコーティングは硬いのでキズに強い!

ワックスとフロアコーティングの違いで、一番大きいのはその硬さです。市販のワックスは水と樹脂でできていますので、丁寧に施工してもその硬さには限度があります。ダイニングルームで食卓のイスを動かしたり、子供がミニカーを走らせたり、落としたりしたら一発でキズが付きます。場合によってはワックス層を通り抜けてフローリング本体にまでダメージが及ぶ場合があります。

フロアコーティングは非常に硬度が高いので少々の事ではダメージを受けません。

フロアコーティングは水や油、薬品にも強い!

市販のワックスの弱点は水です。どんなにキレイに施工されていても、水滴がひとつ飛んで落ちただけで、その部分は白くなってしまいます。その部分を剥離して施工し直しても同じ状態には絶対に戻りません。

ウチには暴れん坊の赤ちゃんがいますので、毎日飲み物やヨダレをこぼしたり垂らしたりしながら家じゅう遊び回っています。こんな状況では市販のワックスでは絶対に対応できませんからね。

我が家がやったフロアコーティングはこれ!

百聞は一見にしかずなんで写真を見てください。まずはフロアコーティングをする前の状態です。新築の引き渡し前なので家具も何もなく状態がわかりやすいと思います。

 

次にフロアコーティング直後の写真です。どうですか?全然違うでしょ。窓と外の景色の映り込みを見て貰えれば一目瞭然。光沢がぜんぜん違います。素人写真なのであまり綺麗に撮影できていませんが、実際はもっと渋みのある光沢で、滑りにくい床に仕上がっています。

マイスターコーティング フロアシールドUV

色々悩んだ結果、長谷川興産株式会社のマイスターコーティング フロアシールドUVというメニューにしました。

このメニューを選ぶ一番の決め手となったのが「1日で塗り終わる」「耐久性20年」というところです。

「1日で塗り終わる」ボクの場合はまだ引っ越ししていないのでそんなに問題にはならなかったのですが、完成から引き渡しまでの間は思った以上にスケジュールがタイトでした。そんな中、フロアコーティングに数日使えるような余裕はあまりなかったのでこのメリットは大きかったです。

既に住んでいる状態でも施工OK

1日で施工が終わる事の最大のメリットが、中古住宅や引越し後の人が住んでいる状態でも工夫次第で施工可能というところです。広さや家具の配置にもよりますが15畳くらいのリビングならば問題なく施工可能かと思います。

油性ペンで落書きされても大丈夫!

ウチには暴れん坊の子供がいるんで、床にマジックで落書きしてしまうことがあります。水性ペンならまだしも、油性ペンで思いっきりやられた事があるんですが、その時も除光液で拭き取るだけでOKでした。これ、マジでスゴイことだと思います。

水分を弾くのでコーヒーこぼしても大丈夫!

無垢や市販のワックスの床に液体をこぼしてしまった場合、全体に広がり木材の隙間に少しずつ少しずつ浸透していってしまいます。マイスターコーティング フロアシールドUVならガラス被膜が作られているので水滴が弾かれ拭き取りやすい状態になります。車の窓ガラスコーティングのイメージに近いですね。

我が家はよく子供に飲み物をこぼされるのでこれはとてもありがたいです。

水回りのコーティングも可能!

フローリングの床だけじゃなくて、水回りもコーティング可能です。キッチンまわりや浴室、トイレ、洗面所など、年数が経つとどうしても油汚れや水垢で汚くなってしまいますよね。水回りのコーティングはフローリング床ほどメンテナンスフリーではありませんが、日々の掃除が楽になるので、家事に追われるママの強い味方になると思います。

ボクがマイスターコーティングを選んだ決め手はこれ!

我が家のフロアコーティングを決める際に、ゴマンとあるフロアコーティング会社の中から「長谷川興産株式会社」の「マイスターコーティング」を選んだのかというと、、

ボクがマイスターコーティングを選んだ理由
  1. 見積もりだけなら無料だった(これが1番デカいw)
  2. 店舗数が多く施工までの段取りやアフターサービスに安心感があった
  3. 保証体制がしっかりしている。(5年保証)
  4. 安かろう悪かろうでは無く、技術力がしっかりしている

見積もりだけなら無料でOK!

HPを見て最初にめに飛び込んできたのだ「無料見積もり」という言葉でした。それと同時に問い合わせもできましたので、フロアコーティングについてギモンに思っている事を投げかけたりしました。施工してどれくらいで家の中に入れるのか、匂いは残るのかなどなど丁寧に回答が得られたので好感が持てました。

業界店舗数ナンバーワン!

他にもいくつかフロアコーティング業者をあたってみたのですが、ここの会社(長谷川興産株式会社)の店舗数が飛び抜けて多かったです。中には下請けに投げるだけの会社や、怪しい一人親方みたいな業者もありましたので、ここの店舗数が多く施工からアフターフォローまで一貫してやってくれるのはとてもありがたいです。

5年保証がついてくる!

施工プランには5年の保証が付いています。我が家もまだ保証期間内です。メンテナンスが必要になった場合は最寄りの店舗からすぐにアフターフォローのチームがサポート対応してくれます。

また、ボク自身はまだですが、5年経過後にメンテナンスが必要になった場合でもリーズナブルな価格で対応可能との事です。ただ、現在の我が家の状況ですと、とにかく丈夫なコーティングなのでメンテナンスの必要となる可能性は低いかと思います。

安かろう悪かろうでは無く、技術力がしっかりしている!

フロアコーティング業者には値段を安く請け負う業者もあるそうです。そういう業者は下請けに丸投げしたりするので、現場の施工に責任を持ちません。マイスターコーティングは技術研修を繰り返し、現場にはちゃんとした職人さんが来てくれます。作業は本当に丁寧で、施工後に汚れやゴミ等は一切残っていませんでした。

マイスターコーティングのまとめ

夢のマイホーム、住宅ローンを組んで数千万円という値段で一生に一度の買い物です。ボクは本当にキレイに保ちたい、絶対に汚したくない、汚れたとしても簡単に汚れを落とせるようにしたい。と考えていたのでマイスターコーティングを選んで正解でした。

新築・中古に関わらず、戸建て・マンションを購入する方、または、戸建て・マンションを所有しており、床のリペア、リフォームを検討されている人は本当にオススメできるフロアコーティングです。見積もりだけなら無料ですから、まずは問い合わせてみてはいかがでしょうか?

マイホーム
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
フムトアンデルをフォローする
ソーシャル・エコロジー・プロジェクト

コメント