【注文住宅】工務店を選ぶ決め手は技術と統率力

 

これから注文住宅を建てたい人「工務店に頼もうと思うんだけど、工務店ならではの特徴や注意点を知りたいな。」

 

 

こういった疑問に答えます。

 

工務店の長所と短所

工務店とは一般に、営業網を比較的狭い地域に限定し、地域に密着した建築会社をいいます。工務店の数は非常に多く、その規模は社長が大工を兼ねるところから、従業員が数百名というところまで、大小様々です。

このうち大半を占めるのは、社長と数名の大工、そして事務員という、小規模経営の工務店です。小規模ならではの機動力と細かな対応が特徴です。

工務店には、設計から施工まで一貫して家づくりを依頼することができます。ただし、工事管理の体制には注意し、確認しておきましょう。管理は、工務店の管理担当者や現場監督が行いますが、施工者に都合が良いチェックになる可能性もあるからです。

一般的に、木造の在来軸組工法を得意とする工務店が多いようです。基本的には自由設計が主体の家づくりで、建主の希望や条件に合わせて設計します。

しかしデザインや見栄えについては、工務店舗の施工のしやすさが優先してしまうこともあります。デザインにこだわりがある場合は写真を見せるなどして、具体的に希望のイメージを伝えることが大切です。

 

技術力と統率力をチェックしよう

工務店を支えるのは、地元の評判といっても過言ではありません。その地域で長年営業し、実績のある工務店ならば、ひとまず信頼できると言えます。

工務店の会社案内などを見て、業務形態を確認してみましょう。また、何件が実際の物件を見て、住んでいる人の話を聞いてみましょう。

工事途中の現場もチェックしたいものです。ゴミの始末や駐車のしかた、資材や器具の置き方などで、その工務店の家づくりに対する姿勢が見えてきます。

それでも不安な場合は、財団法人住宅保証機構の住宅完成保証制度に登録している工務店かどうか確認してみるとよいでしょう。

この制度は工事途中で工務店が倒産した場合に、代替え業者が引き継いで家を完成させるというものです。この制度の登録工務店であれば安心です。

工務店の家づくりのカギは、やはり施工の技術力でしょう。また、工務店といっても、その会社がすべての工事を担当するわけではありません。

本工事、造作工事を除けば、基礎、水回りの設備、屋根などは各専門工事会社が請け負います。それらの職人を取り仕切り、統率する大工棟梁としての力量も重要です。

 

まとめ

地域に密着して営業している地元の工務店ならば評判も耳にしますし、実際に建てた家を見ることも難しくありません。

ハウスメーカーとは一味違った注文住宅ならではのデザインや設備で差をつけてみてはいかがでしょうか。

工務店を選ぶ際の注意点をまとめましたのでご覧ください。

地域密着で営業している零細企業が多いのが特徴。
事前に評判と建築例の情報をしっかりと確認することが必要。
工務店の下請け業者にも目を光らせ、未熟な現場管理などしていないかチェックしよう。

コメント