注文住宅をハウスメーカーで建てた場合の特徴と注意点

これから注文住宅を建てたい人「ハウスメーカーに発注しようと思うんだけど、ハウスメーカーならではの特徴や注意点を知りたいな。」

 

 

 

こういった疑問に答えます。

 

ハウスメーカーの家づくりの特徴

ハウスメーカーは一般に、広範囲な営業網をもつ、大手の住宅建築会社のことをいいます。

住宅を「商品化」し、部材の生産から施工に至るまで、工場生産比率を高めてシステム化を図っています。

土地探しや資金計画からアフターサービスまで、家づくり全般にわたるサービス体制が特徴です。

住宅展示場の「モデルハウス」では、各種カタログが用意され、営業マンが相談に応じてくれます。

ハウスメーカーによる家づくりは、すべて分業されているのが特徴です。
設計、施工、アフターサービスの各過程で、担当部門が異なることや、協力会社が携わることがあるので、相談窓口や責任者は誰かを把握しておきましょう。

ラフプランの段階では営業マンがプランを作ることが多いようです。その後、詳細プランを検討する段階に入ると、設計担当者が加わり、細部を決めていきます。

ハウスメーカーで建てる家は、基本的には規格化された工業製品の組み合わせでつくられるので、プランに多少の制約があることは否めません。

敷地の大きさや形など、条件によっては建てられないこともあります。

ハウスメーカーの家づくりでは、工場生産された部材やパーツを多用するため、比較的品質は安定しています。また、現場の工事が少ないので、工期が短いことも特徴です。

しかし、現場の工事を担当するのは地元の協力工務店や下請け工事会社が多く、これらの協力会社の技術力が建物の品質に大きく関係します。

工事をチェックする体制がメーカー側で確立していることが重要です。
工事について相談や質問がある場合は、現場監督か営業マンが窓口になります。

 

カギを握るのは営業マン

住宅雑誌や新聞広告、インターネットのホームページ、住宅展示場など、ハウスメーカーの情報は比較的得やすいと言えます。ただし、情報が多すぎて冷静に判断できなくなる危険もあります。

ここではハウスメーカーに関する情報源とその活用ポイントをまとめました。
適切な情報をうまく活用し、自分の家づくりにあったハウスメーカーを選びたいものです。

ハウスメーカーでの家づくりのカギを握るのは営業マンと言えます。家づくりの成否は、担当営業マンの能力と相性によるとことが大きいようです。

 

まとめ

ハウスメーカーで注文住宅を建てる場合、コスト面や工期が短い等のメリットがあります。
その反面、規格化された部材が多いので自分好みの個性を出すことは難しいかもしれません。

ハウスメーカーを選ぶ時は「営業マン」で選べ!
住宅展示場やホームページでカタログを集めてしっかりと吟味しよう。

コメント