【注文住宅】ハウスメーカー、工務店、建築士の失敗しない選び方


これから注文住宅を建てたい人「ハウスメーカー、工務店、建築士ってどうやって選んだり、決めたりすればいいんだろう? それぞれの特徴とかオススメポイントを知りたいな。」

 

 

こういった疑問に答えます。

 

総合力か、価格重視か、自由度か

納得のいく家づくりには、安心して任せられるパートナーの存在が不可欠です。パートナーとしては、一般的にはハウスメーカー、地域工務店、建築家があります。
そこで、それぞれの特徴を次に示しましょう。

 

ハウスメーカー

全国ネットで展開する企業も多く、幅広い営業網をもつのが特徴です。
土地探しから資金計画、アフターサービスまで対応してくれて、細やかな相談にものってくれる点がメリットです。

複数のデザインプランを提示される点は良いのですが、その一方で設備や仕様が規格化されているため、自由に選べないことが多いのは難点だと言えます。

特別仕様は、割高になります。
なお、現場で組み立てるものが少ないため、工期は一般的に短くなります。

予算と工期を低く抑えることができます。
ありきたりな家になってしまうのが玉にキズです。

 

地域工務店

地域に根づいているため、連絡をすればすぐに来てもらえるのがメリットです。

設計と施工を同時に請け負うため、対応が速い点も評価できます。
打ち合わせやメンテナンスに対しても迅速で、きめ細かく良心的なサービスが望めます。

ただ、営業を兼ねた社長の舌に、数名の大工と事務員がいるという少人数の体制が多く、人手不足の感があります。
このため、施工のしやすさが優先されやすいので、過去に手がけた家を見せてもらうなどして確認をしておくといいでしょう。

また、経費率が低く全体的なコストも低くなっていますが、みつもりが「○○一式」といったように、内容や内訳が不明瞭なこともあります。

腕の良い職人さんが多い一方で、零細企業も多いです。
ネットの口コミ等をよく読んでしっかりと見極める必要があります。

 

建築士(設計事務所)

設計と工事監理、施工会社の選定や手配を行います。この場合、家つくりを手がけるのは建築士が選定した工務店や建主が選んだ建築会社となります。

建築士に依頼するメリットとしては、じっくり話し合うため、自分の望みを反映したオーダーメイドの住まいがでいること。

また、施工会社と関係しないため、工事に対して厳しいチェックができるという点もあります。

デメリットは、工事費以外に設計監理料がかかることです。
このため、工事費の8~15%を建築家への予算として考える必要があります。
コストは掛かりますが、その分、細かい要望が実現できます。

一流の建築士によるハイグレードな家を建てることができます。
予算に応じてきめ細かい対応が可能なのが特徴です。

 

まとめ

ハウスメーカー、工務店、建築士のそれぞれの特徴を紹介しました。

それぞれ一長一短、予算に合わせて選ぶことになりますが、時間に余裕のある人は3社すべてに見積もりやプラン提出をお願いするのがベストです。

コメント