【注文住宅】建築士はデザイン力で選ぶべし!

 

 

これから注文住宅を建てたい人「剣士駆使に頼もうと思うんだけど、建築士ならではの特徴や注意点を知りたいな。」

 

こういった疑問に答えます。

 

建築士ならではの注文住宅を建てよう

設計事務所とは一般的に一級建築士、または二級建築士、木造建築士の有資格者が運勢する事務所のことで、施工会社(ハウスメーカーや工務店)とは独立した立場で設計と工事監理を専門に行います。建築士のことを建築家とも呼んでいます。

設計事務所との家づくりの場合、設計事務所が設計を行い、施工は別途に工事請負契約を結んだ工務店が行います。設計と施工が別々の契約に基づき、完全に分離して行われます。施工を担当する工務店は建主自身が直接指定することも可能ですが、多くの場合、設計事務所が工務店のぎ料やコストを検討して手配してくれます。また、工事監理を委託することも可能です。

工事の状況を監理することは家の完成度を左右する重要な仕事です。第三者の立場で、工事を厳しくチェックしてくれます。

設計事務所との家づくりは、100%オーダーメイドになるのが特徴です。建主と話し合いを重ね、具体的なプランを作っていきます。

敷地条件や予算、法規制などでの多種多様な条件にも柔軟な対応が期待できます。とくに変形狭小敷地などの厳しい条件下では、もっとも頼りになる存在でしょう。

ただし、設計事務所によって作風や考え方は十人十色ですので、自分の考えや好みにあった人を選ぶことが大切です。家づくりの期間は、余裕を持って、少なくとも1年程度みておきましょう。

 

建築士の選び方

設計事務所とはなかなか知り合う機会がなく、敷居が高いとう印象があるようです。ホームページ等の過去実績等を参考に、気に入った家が見つかったら、気軽に事務所に連絡をしてみましょう。実際に会って話をすると、よりイメージがしやすくなります。焦らず、じっくりと自分に合うか判断してください。

設計事務所の技術力や経験にはかなりの幅があります。デザイン傾向や、住宅に対する考え方もさまざまです。設計事務所と進める家づくりを成功させるカギはデザインや考え方の相性、設計力・工事監理尿力と言えます。

とくに設計の意図どおりに工事が適正に行われているかを監理するの応力は、住宅の質を高めるうえで重要です。工事に入ってからの、現場で監理する頻度も確認しておきましょう。

 

まとめ

 

コメント