腰痛マットレス痛いか痛くないかどっちか

Just another WordPress site

腰痛と運動の関係、運動不足は万病の元

time 2018/01/11

今日は私の運動について解説しようと思います。

突然ですが皆さんは日常的に何か運動をしていますか?
私は会社から帰宅する際に定期的にランニングをしています。最近流行りの「帰宅ラン」というやつですね。
これは会社を出発して、時間にして1時間、距離にして8キロ前後を毎日走るというものです。
帰宅ランを始める前にはしっかりと準備運動をしなければなりません。急に走り出すと筋肉や関節が温まっていないため、思わぬけがをすることがあります。ケガをしないためにも事前のストレッチが必須となります。
私の場合、ストレッチは室内で行います。就業の30分くらい前でしょうか、それくらいから着替えを済ませ、社内の開いているスペースへ移動します。そこでしっかりとストレッチを行います。特に注意して行いたいのがアキレス腱と膝です。この2箇所は走ることで大きな衝撃、負担を受けます。準備運動で事前に温めておけば筋肉の可動域を大きくすることができます。
これにより、デスクワークばかりの私でも帰宅時に1時間ほどの運動をしても全然問題ありません。
真冬の今こそ帰宅ランがオススメです。なぜならば、たくさん汗をかくことで新陳代謝が上がり、血流が良くなることで、関節痛を和らげることができるからです。肩こりや腰痛は定期的な運動をしていれば、気が付かないウチに改善されていると私は思います。
実際に私も重い肩こりや腰痛に悩まされていたのですが、知人に誘われランニングを初めたところ、ウソのように腰痛が無くなりました。このような自分の実体験もあるので、この記事を書こうと思った次第です。さらに運動する仲間が増えることで日々のリフレッシュに繋がり、仕事にもメリハリが生まれます。まさに人生を豊かにしてくれる魔法のようなものだと思います。皆さんも一緒に帰宅ランを初めてみませんか?
帰宅ランのときの服装ですが、私は日中スーツを着用していますので、帰宅時に着替える必要があります。私がオススメなのは会社のロッカーにランニングシューズとTシャツを常備してくことです。

また、ランニングバッグも専用のものがおすすめです。なぜならば普通のバッグだと走るときの衝撃を受けることもありますが、一番大切なのはカラダにぴったりと固定できて、ランニング中にもずれたり、重心が動いたりしないことです。実際に走ってみるとわかるのですが、走る動きに合わせてリュックも上下左右に動くと非常に不快感を覚えます。

ですからリュックとシューズにはしっかりとお金をかけて、自分の気に入ったモノを選ぶべきだと私は考えます。

 

down

コメントする