腰痛マットレス痛いか痛くないかどっちか

Just another WordPress site

腰痛と子供の抱っこの関係、腰痛改善の秘密

time 2018/01/08

私がいつも気をつけていることに、腰痛を治すためのノウハウを調べるといいうことがある。それはマットレスでも良いし、車のシートでも良い。なぜならば姿勢を正すことにより、骨や筋肉、関節が正しい位置に矯正され、コリや血流の流れが改善されるのであある。そして、改善されたことにより体中に血液が流れ、各部が暖められることにより腰痛の改善につながるのである。これは科学的にも検証されており、私自身の経験にもよるものであります、ですからこのページを見に来ているからにも確実にオススメできることと自負しております。
そして子供がいる人にもおすすめできると思っています、なぜならば抱っこをせがまれることが多いと思うのですが、その場合はとても腰に負担がかかります。10キロくらいの子供を抱き続けるのはとても腰に負担がかかりますよね、ですからしっかりと姿勢を正し、腰の負担を和らげる必要があります。そして夜眠る時はしっかりと疲れを癒やし、翌日へ疲れを引きずらないために、良質なマットレスが必要になります。それコイルスプリングや高反発マットレスのような硬いものではなく、しっかりと体を支えつつも柔らかく包み込む機能が求められます、なぜならばしっかりと体圧を分散して負担を減らすことで、からだを休めることができるからです。そしてぐっすりと眠ることで翌朝の体の重さを解消して日々を生き生きと過ごすことができるでしょう。
私が経験した中で一番腰がきつかったのは引越し作業です。重いものを持ち上げるのは一番腰に負担がかかります。持ち上げる時に腰をそらしてしっかりと踏ん張らないとぎっくり腰になる可能性が高いです。ぎっくり腰は一度なってしまうとクセになるようで、私も過去にいちどギックリ腰をやったことがあるのですが、20年以上経った今でもちょっとしたきっかけでぎっくり腰が再発してしまいます。これはとてもつらいのですが、日々の生活で気をつけるしかありません。常に腹筋に力を入れ、姿勢をまっすぐ保つことでぎっくり腰をある程度回避することができます。そして寝る時のベッドやマットレス選びもとても大切です。それは寝ている時の姿勢が日中の活動にとても影響があるからです。
そして私は首の凝りもとてもひどくて、パソコンの作業をしていると2時間位で目が痛くなります。それは首のこりにつながり、目の奥がずーんと痛くなることで、頭痛まで引き起こします。これは温めることで少し改善されるのですが、放っておくと頭痛を引き起こしてしまいます。これは温めると更に悪化するやっかいな頭痛です。血流がよくなることで血管が刺激され、鼓動に合わせて痛みが襲ってきます。これを解消するには冷やすのが良いです。温めようと思ってマッサージしてしまうと逆効果になるので注意したほうが良いです。そして電動のマッサージ機よりも人の手が良いと再認識するべきなのです。温泉施設にはマッサージ機がありますが、本当に良いのはあんま師によるマッサージです。タイ古式マッサージも良いでしょう。肩甲骨周りを腰骨の周りの筋肉を解すことで一気に血流を高めることができます。それは体温を上げることにもつながり、体中の凝りをほぐすことができると思います。そして私が一番経験してきたなかで特に体に良いなと思ったのはオクタスプリングのマットレスです。これは体圧分散をしっかりとしてくれるので朝までゆっくりを眠ることができて、さらに血流も良くなることで疲れを一気に吹き飛ばせます。現代人はパソコンに向かうビジネスマンが多いので、しっっかりと良質な睡眠を得ることができると感じています。

down

コメントする